TOP > 産業動物就学資金

  農業共済組合、民間の飼育動物診療施設等の産業動物獣医師又は都道府県の家畜衛生行政の獣医師として従事しようとする以下に該当する者。
  注)(1)(2)ともに大学卒業後の就業予定先である畜産関係団体や行政機関等(共同負担者)と、農林水産省が折半して負担します。
問合せ先 
(一社)宮城県畜産協会 総務課

   〒983-0832 宮城県仙台市宮城野区安養寺三丁目11番24号

    022-298-8471    fax 022-293-2311

2.対象者
 産業動物獣医師を志す学生さんへ!!
 (2)獣医学生:月額10万円以内(私立大学の学生:月額12万円以内)を貸与
 (1)就業条件:共同負担者である畜産関係団体や行政機関等に就業し、宮城県内で産業動物の診療業務に従事する。

 (2)募集人数 若干名
      (募集が終了している場合がありますので、下記へ問合せ下さい)

4.募集状況
 (1)高等学校、中等教育学校の後期課程の最高学年に在籍する生徒もしくは既卒者で、「地域枠入試」を設ける獣医学課程のある大学に進学し、獣医学を専攻する予定の者(募集団体により対象者は異なります)
(2)獣医学課程のある大学において、獣医学を専攻する学生
 獣医師免許取得後、修学資金の貸与期間の1.5倍の期間、就業予定先で従事すれば、修学資金の返還を全額免除。
1.目 的
  家畜の伝染性疾病の予防・まん延防止や畜産物の安全確保を担う、牛・豚などの家畜を診療する獣医師(産業動物獣医師)や都道府県の家畜保健衛生所等の獣医師を養成・確保するものです。
 (3)申請様式 @申請書 (word版)  (PDF版)    
         A推薦書 (word版)  (PDF版)

               ※必要な様式をクリックしてください。
 (1)高校3年生等:大学入学時に大学へ納付する費用(入学金、1年次前期授業料、実習費等。上限175万円)を貸与
3.獣医学資金の概要

宮城県内の家畜保健衛生所へ
就業を希望する方はここをクリックしてください。